【イラストで学ぶリスクアセスメント】第179回 ホイスト式天井クレーンの災害

2018.10.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は、製造工場内の限られた区域で使用している、三次元〔*1〕の同時操作も可能な「ホイスト式天井クレーン」〔図1〕の災害をテーマにします。

 〔*1〕「テルハは、二次元運動」をするクレーンで、「荷の上げ下げと、レールに沿った線の移動(横行)」をするクレーン。

《ホイスト式天井クレーン(以下、「小型天井クレーン」)の設置と法定資格》

 (1)走行用レール下にトロリでガーダー用レールをつり、X・Y方向自在に巻上機が移動できる。
 (2)天井が低い組み立て工場の場合:天井部の梁などにつりボルトを取り付けて、走行用レールを設置し、トロリでガーダー用レールをつり、巻上機を取り付ける。
 (3)大型天井クレーンがある場合:小型天井クレーンを室内の限定した場所に設置するため、鋼製の支柱を複数固定。鋼製支柱上に走行用レールを設置し、ガーダー用レールをつり、下部に巻上機を取り付ける。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月15日第2316号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ