【登壇労組リーダー】「UAゼンセン」結成に当たって/UAゼンセン 会長 逢見 直人

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 11月6日、UIゼンセン同盟と日本サービス・流通連合(JSD)が組織を統合し、新たに「UAゼンセン」を結成した。

 「UA」には2つの意味が込められている。1つは、ユニオン・アライアンス(UnionAlliance)で、共通の目的のために同一の行動をとる、すなわち同盟体の運動を展開する組織であることを意味している。もう1つは、ユニオン・オールラウンド(UnionAllRound)で、多種多様な産業・業種の労働組合を組織し、多様な働き方の仲間を結集し、更には労働条件のみならず幅広い分野で運動を展開するという意味が込められている。…

筆者:UAゼンセン 会長 逢見 直人

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年12月3日第2899号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ