【登壇労組リーダー】乾杯のない宴ってどうなの?/森本 洋平

2012.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 若い頃、「酒は栄養剤、煙草は鎮静剤」と嘯いていた。フカどころか、クジラの洋平と呼ばれ、“浴びる”を超えて“浸かる”ほど呑んだ。結果、いまドクターストップがかかり、酒量はせいぜい“湿す”程度。はなはだ不本意である。

 それでも医師に知れると、火気厳禁のウォッカみたいに怒るに違いない。某事務局員曰く「会長の“湿す”は“びしょ濡れ”。禁酒すべき」。下戸なのである。馬鹿言っちゃいけない、“浸かる”が“湿す”にまで節制しているのだ。金魚だったらとっくに死んでる。…

筆者:連合兵庫 会長 森本 洋平

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年11月5日第2895号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ