【登壇労組リーダー】運動再生の“ラストチャンス”/髙木 禎之

2012.07.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 多少仰々しいが「1000万連合実現プランこそ、労働運動再構築の起爆剤」と私は信じている。

 プラン検討過程で多くの構成組織から「連合は非正規労働者の処遇改善を提起しているが、日本企業の現状は非正規労働者を前提に経営が成立しているという現実を直視してほしい」旨の提起を数多く受けた。…

筆者:連合総合組織局 局長 髙木 禎之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年7月16日第2881号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ