【進展するデジタルシフト(電子申請)】第15回 社員が退職したとき 3つの申請データ作成 保険証の返却方法も記載/成澤 紀美

2019.04.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 社員が退職したときに必要になる雇用保険と社会保険の資格喪失手続きについて説明する。

 資格喪失時の手続きに際しては、雇用保険と社会保険の申請手続きを一度に行う「グループ申請」を利用すると便利である。なお、複数の処理を一度に行うにはCSVファイル添付方式という方法があるが、今回は単記式で説明をする。また、CSVファイル添付方式で、複数人の対象者を一度に設定し届出データを作成できる手続きは以下になる。

 ・健康保険厚生年金保険被保険者資格喪失届/厚生年金保険70歳以上被用者不該当届

 ・雇用保険被保険者資格喪失届(連記式)(ただし、離職票交付ありの場合を除く)

 まず、健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届(単記用)から説明していく。…

筆者:社会保険労務士法人 スマイング 代表社員 成澤 紀美

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月22日第3206号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ