【進展するデジタルシフト(電子申請)】第21回 セキュリティー ヒューマンエラー防ぐ 机の上に情報放置しない/成澤 紀美

2019.06.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今回はセキュリティー対策について説明する。電子申請では、外部に流出してはいけない企業情報や申請対象従業員の個人情報を取り扱うため、漏えいをしないよう日頃から保管に注意が必要である。

どの保管方法にもリスクが

 各種データを保管する方法として、①自身のPCに保管する、②自社内専用の共有サーバーに保管する、③クラウドサーバーを利用する――などが想定される。いずれの方法にもメリット・デメリットがある()。デメリットの性質を理解し許容できるコストとリスクを検討したうえで選択する。

 情報流出を防止するには、何よりもヒューマンエラーをなくすことが第一である。…

筆者:社会保険労務士法人 スマイング 代表社員 成澤 紀美

 

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月10日第3212号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ