【進展するデジタルシフト(電子申請)】第12回 育休に関する手続き(下) 異なる入力箇所に注意 同じ書式でも目的ごとで/成澤 紀美

2019.03.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 前回に引き続き、従業員の育児休業に関する手続きについて解説していく。

 まず、「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書/所定労働時間短縮開始時賃金証明書」について説明する。これは、育児休業給付の初回申請時のみ、申請が必要となる。

 手続き検索画面で「育児」と入力して検索を行い、「雇用保険育児休業給付(育児休業給付金)の申請(初回申請)(平成30年10月以降手続き)」を選択する(平成30年10月前の申請を行う場合は「雇用保険育児休業給付(育児休業給付金)の申請(平成30年1月以降手続き)」を選ぶ)。次の画面で、…

筆者:社会保険労務士法人 スマイング 代表社員 成澤 紀美

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月1日第3203号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ