【進展するデジタルシフト(電子申請)】第5回 利用時の留意点 委任状の添付が必要に 社労士が手続き代行なら/成澤 紀美

2019.02.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 行政が電子申請を進める中、利用も確実に増えている。メリット・デメリットを整理してみよう。

 メリットとして、まず時間と場所の制約がないことが挙げられる。オンライン申請のため、夜間・休日を問わず、24時間365日いつでも、都合の良いタイミングで手続きすることができる。動作環境を満たしたPCとインターネット環境があれば、どこからでも申請することが可能だ。

 このため、わざわざ役所の窓口まで足を運ぶ必要がなくなる。一度で手続きを完結できるので、申請や届出を行う窓口が異なっていても必要な届出をオンラインで完結でき、複数の行政機関に足を運ぶ必要がない。

 一方、デメリットもある。第一に、利用環境を整えなければならない。…

筆者:社会保険労務士法人 スマイング 代表社員 成澤 紀美

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月11日第3196号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ