【進展するデジタルシフト(電子申請)】第16回 36協定 2つの手続き必要に 一般と特別条項付きで/成澤 紀美

2019.04.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 時間外労働・休日労働に関する協定届(以降、36協定)の手続きについて説明する。

 36協定の手続きは、一般条項のみ、特別条項付き、本社一括届、事業場外労働の付記付き、中小企業向けの適用猶予版と多くの種類が用意されている。今回は、各事業場単位の特別条項付きについて説明していく。

 まず、電子申請検索画面で「時間外」と入力し、手続きを検索する。結果が表示されたら、「時間外労働・休日労働に関する協定届(各事業場単位による届出)(特別条項付き)」を選ぶ(図1)。…

筆者:社会保険労務士法人 スマイング 代表社員 成澤 紀美

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月6日第3207号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ