【人事学望見】第1175回 過半数代表者とその適格性 親睦団体は労組とみなされない

2018.12.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

人気と選出要件は適合しない!

 36協定や就業規則の作成・変更など労基署への届出に際しては、労使協定が必要となる。過半数で組織する労組がない場合には、過半数を代表する者が労使協定の当事者となるが、その選出方法には厳密な規定があり、クリアしないと届出はすべて無効になってしまう。

全従業員で構成されても

 役員を含めた全従業員によって構成される「親睦団体の代表者」となれば、イコール「過半数代表者」と考えがちだが、それを真っ向から否定されたのがトーコロ事件(最二小判平13・6・22)である。

 事件のあらまし

 Aは、業務が原因でり患した眼精疲労の治療のための通院を理由に、時間外労働を拒否したところ、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年12月17日第3189号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ