【人事学望見】第907回 仮眠時間はグレーゾーン!? 使用者の支配下外れるが大前提

2013.04.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

寝ていても小道具は離せない!

 例えば、貨物取扱いの事業場において、貨物の積込係が、貨物自動車の到着を待機して身体を休めている場合とか、運転者が2人乗り込んで交代で運転に当たる場合、運転しない者が助手席で休息・仮眠しているときであっても、それは労働時間である(厚生労働省行政解釈)。

休んでいるは条件未達成

 「問題は簡単といえそうだ。仮眠時間となるには、使用者の指揮監督下にないこと、が大前提だ」

 割烹「おかもと」では、朝9時ころまでに、築地の場外市場で材料を仕入れ、店に帰ってからは、仕込みの始まるまでの4時間を休憩時間とし、その間、仮眠する者が多い。

 8時に店に行き、市場から帰るまでの3時間は労働時間、その後仕込みの始まるまで4時間が休憩時間、その後、仕込みに始まって営業時間が続き、閉店の午後11時を過ぎると後始末や明日の仕入れの準備時間が2時間くらいかかるから就寝するのは午前1時ころになってしまう。拘束時間は実に17時間という長大なものとなる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年4月15日第2917号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ