【人事学望見】第1113回 勤務地限定契約ない転勤 幹部社員なら暗黙の合意がある

2017.08.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

俺に登板しろというの!?

俺に登板しろというの!?

 現地採用で慣行上転勤がなかった工員を転勤させるには、本人の同意が必要。ただし、就業規則上の転勤条項を明確に承知したうえで採用され、転勤の趣旨が余剰人員の雇用の維持にあるようなケースでは一方的な転勤命令も有効とされる(菅野和夫東大名誉教授)。

合併しても通らぬいい分

 グリコ協同乳業事件(松江地判昭47・2・14)は、大卒者が企業合併に巻き込まれ、転勤命令を不当と訴えたもの。

 事件のあらまし

 本社を大田市(島根県)に置き、Aは入社以来、決算業務上の事務業務に従事してきたが、関係各社と合併してできた新会社は、Aに対し、山陰事業部から中国事業部(広島県)のセールス系統職種への配転を命じた。Aは入社以来、大田市に自宅を構え両親、妻と同居していたが、父は負債を抱えた会社を経営、母は肝硬変を患い安静加療中であり、妻は勤務先を辞め、母の看病と家事に従事する状態だった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年8月28日第3126号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ