【人事学望見】第996回 育児・介護休業と就業規則 休暇につき絶対的必要記載事項

2015.03.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

介護のための離職が毎年10万人!

 総務省のまとめによると、働きながら介護をしている者は、12年10月時点で291万人おり、11年10月からの1年間に介護や看護で離職した者は、10万1000人で、うち女性が8割に達する。家族の介護は、経済的にも困難な状況を招き、高齢社会の大きな課題といえる。

無規定でも請求を拒めず

 岡山食品工業は、創業25年の地場中堅企業である。従業員100人を数えているが、正社員は半分にも満たない。製造部門の主役は主婦だが、8時間のフルタイム勤務であるものの、労働契約上、有期契約社員に甘んじている。その1人、佐川裕子が、昼休みに労務をはじめ経理、人事となんでも屋の奥山課長に面会を求めて来た。

 面会とは大げさだが、その顔はふだんとは異なり真剣な様子だったから、奥山自身がそう表現していた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年3月2日第3007号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ