【人事学望見】第1061回 勤務態度不良の極めつけ 7年間で指導懲戒が1千回超す

2016.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

注意、指導に馬耳東風の体!

 勤務成績、勤務態度の不良を事由とする解雇が有効とされるのは、不良の程度が著しい場合で、かつ、使用者の再三にわたる注意、指導にもかかわらず、労働者がいっこうに態度を改めない場合に限られる。下級審の判断では以下の不良も認めなかった。

温情的すぎる下級審の判決

 大曲郵便局分限免職事件(平16・3・25最一小判は労働者敗訴)。原判決(仙台高裁)によると、当該労働者は、超過勤務命令拒否、研修拒否、始業時刻後の出勤・始業時刻後の更衣・標準作業方法等の違反、バイク乗車拒否、胸章不着用、管理者に対する暴言、構内無許可駐車、組合掲示物の無断掲示、指サック不使用、私物の放置および局長室への召喚拒否の非違行為を行っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年7月18日第3073号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ