【中小企業でも実現!働き方改革】第11回 一人ひとりに向き合う 誰もが制約あると考え/三平 和男

2018.12.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「パートだから」と固定観念持たない

 近年、性別や年齢、国籍、キャリアなどがそれぞれ異なる多様な人材を活かし、その能力を最大限に引き出すことを通じて、組織の活性化と成長につなげるというダイバーシティ経営に注目が集まっている。女性活躍の推進や高年齢者雇用などが該当する。実践するためには、長時間労働の是正といった働き方改革が欠かせず、法律上の要請も相まって、制度の導入を進める企業が多い。

 創造性や問題解決能力が増す一方、価値観も多様化するため、マネジメントは一層難しくなる。では、どのようにマネジメントしていけば良いのだろうか。

 第一に、労務管理が、集団管理から個別管理へと移行したことを認識するべきである。かつては、企業が終身雇用を保証する一方、労働者も長時間働き、企業の決めた職務に従事し、命じられた配転には応じるという状況の下、新卒で入り、同じようにジョブローテーションで仕事を経験しつつ同じように昇進していった。すなわち、均質な集団として管理することができた。

 しかし、中途採用が増え転職が一般化してかつてのような忠誠心を期待できなくなったり、…

筆者:社会保険労務士法人三平事務所 代表社員 三平 和男

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年12月17日第3189号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ