【想いはせれば】第95回 ロシアの定年延長

2018.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶今から約50年前、昭和38年(1963年)の秋、私の働いていた工場にソ連(現ロシア)の文化使節団がやってきて、工場の講堂で舞踏(バレー)や音楽を上演しました。当時の社会主義国ソ連は、私たち若い日本の労働者にはせん望の国でした。上演が終わって使節団のメンバーと交流会がありました。当時、わが組合では、従業員の定年をこれまでの55歳から60歳に引き上げる「定年延長闘争」を行っていました。

 彼らには「定年延長」で労働者が闘争する意味がふに落ちなかったようです。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年12月1日第2319号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ