【イラストで学ぶリスクアセスメント】第95回 高所での半自動溶接時の災害

2015.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 製造業の屋内では手溶接の被覆アーク溶接に比べ、炭酸ガスアーク溶接(溶極式)は溶融速度が早く、高性能かつ効率的な溶接が可能なので、主流となっています。今回は、「屋内の高所で半自動アーク溶接(図1と解説)の重大ヒヤリ」(防止対策含む)をテーマにします。

フック掛け替えで墜落

《ポジショナー〔※1〕上での製缶作業〔※2〕の重大ヒヤリ》(イラストA・写真1)

 製缶作業の状況:昇降式作業台(以後、作業台)は最大2.5mまで上昇でき、任意の高さで停止させることが可能。工作物は最大縦1.7m・横2.7m・高さ40cmで質量は最大5トン。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月15日第2230号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ