【想いはせれば】第163回 災害を忘れる「スパン」

2021.09.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶注意されたこと、経験したことなどを時間や期間の経過とともに「忘れる」スパンとして、昔から「3日、3月、3年、30年」などといわれています。

 私が勤務していた工場では、当時、他の工場や産業でもそうであったように、現在の数倍に上る労働災害が発生していました。

 そんな状態のなかで、死亡災害や重篤な災害が発生すると、工場全体でピタッと災害が減少し、そんな状態が3年程度続くと、また災害が多発してくるという有り様でした。

 自然災害では、2011年の東日本大震災は、33年前に多くの犠牲と被害をもたらした「宮城県沖地震」のことを忘れて、適切な対策や避難行動を取らなかったことが、大惨事に結びついたといわれています。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年10月1日第2387号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。