【国土を脅かす地震と噴火】37 陸羽地震と千屋断層/伊藤 和明

2018.11.08 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

大地が子供に襲いかかる

4分の3以上の家屋が全半壊

 大災害となった明治三陸地震津波から2カ月半を経た1896年(明治29年)8月31日、東北地方は内陸直下の大地震に見舞われた。「陸羽地震」と呼ばれており、規模はM7.2、東北地方の内陸部が震源の地震としては最大規模のもので、死者209人を数えた。

 秋田県東部から岩手県西部にかけて激震に見舞われた。とくに、秋田県仙北郡の千屋、畑屋、飯詰、六郷などの町村では、75%以上の家屋が全半壊した。全壊家屋は、現在の美郷町を中心に約5800戸にも達した。岩手県側でも、雫石や花巻で全壊家屋が生じ、とくに花巻は、地盤の悪いこともあって44戸が全壊した。…

筆者:NPO法人 防災情報機構 会長 元・NHK解説委員 伊藤 和明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月12日第3184号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ