【中小企業でも実現!働き方改革】第3回 年休の未消化分を活用 介護離職防止をめざし/三平 和男

2018.10.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

支援制度を知らず離職するケースも

 少子高齢化が進行する中、介護が大きな社会的課題となってきている。平均寿命の伸長に伴って介護が長期化するにつれ、介護者の負担が増した。仕事との両立は困難となり、転職、退職を選択する社員も増加傾向にあって、雇用の現場において深刻な問題となっている。このため、政府は、2015年に「介護離職ゼロ」を成長戦略に位置付け、重要な政策課題としている。これは、安倍内閣が「一億総活躍社会」の実現に向けて掲げた「新・三本の矢」のうちの1つである「安心につながる社会保障」に関連する取組みの一環である。2020年代初頭までに、家族の介護を理由とした離職の防止等を図るとしている。…

筆者:社会保険労務士法人三平事務所 代表社員 三平 和男

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月22日第3181号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ