【ぶれい考】SDGsに直結/安永 貴夫

2018.08.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 以前、連合が設立したNGOかつNPOである国際労働財団・JILAFの紹介をした。アジア諸国をはじめ、海外の労働組合関係者に対し、日本および現地における研修活動等を行い、自由で自主的な労働運動と労使関係の発展に助力し、それによって途上国の健全な社会・経済の発展に貢献している。今回はその中でも、法律で保護されていないインフォーマルセクター労働者への「草の根支援事業(SGRA)」について紹介したい。…

筆者:連合 副事務局長 安永 貴夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年8月20日第3173号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ