【ぶれい考】「ほんまもん」に触れよ/野崎 治子

2018.04.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 AIは人手不足を解消し第4次産業革命を牽引する原動力として期待される反面、雇用崩壊などの悲観論も飛び交う。倫理上の規制や社会的責任の所在も悩ましい。急速に進化するAIも使う人次第であり、人間の徳が問われるのは今も昔も不変だ。

 儒教では中庸が重視されてきた。…

筆者:堀場製作所 理事 野崎 治子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年4月23日第3158号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ