【撲滅!職場のパワハラ】第5回 指導との線引き(上) 統一基準設置は困難 事案ごとに判断が必要/岸田 鑑彦

2018.07.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

適正範囲決める4事例

 前回は、報告書がまとめた職場のパワハラに関する3つの要素のうち「優越的な関係」について検討した。「上司から部下」だけでなく、様ざまな関係において優位性が問題になる。

 今回と次回は、2つ目の要素である「業務の適正な範囲を超えて行われること」をみていく。

 パワハラ事案において、加害者側は「業務上の指導であった」と主張することが多い。一方で、被害者側は加害者の発言を録音し、発言内容や声のトーンなどを客観的に明らかにするケースが多数だ。…

筆者:杜若経営法律事務所 弁護士 岸田 鑑彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年8月6日第3171号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ