【撲滅!職場のパワハラ】第2回 対応の難しさ 断定できぬ事例あり 相談者への伝え方も課題/岸田 鑑彦

2018.07.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

関連する安全配慮義務

 パワハラは、相手の尊厳や人格を傷つける許されない行為であるとともに、職場環境を悪化させるものであることは異論のないところである。

 また、嫌がらせ、いじめ、または暴行を受けたことによる精神障害の労災認定件数も増加傾向にある。今年厚労省の検討会がまとめた「報告書」によれば、平成28年度においては74件だった。パワハラは単に不法行為の慰謝料請求の問題にとどまらず、企業の安全配慮義務違反の問題につながる。

 もっとも、報告書においては、次のような指摘もなされている。…

筆者:杜若経営法律事務所 弁護士 岸田 鑑彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年7月9日第3168号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ