【事故防止 人の問題を考える】第43回 小売業の労働災害を防止しよう(その1) ―〝行動災害〟を撲滅させるために―

2018.06.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「働く人のための安全」はどこに?

 わが国の労働災害は長期的には減少傾向にありますが、小売業を取り上げてみると、労働災害は未だ減少の兆しが見られません。数字を追うと、休業4日以上の死傷災害は、平成19年から平成29年の間、製造業は-26.3%、建設業は-27.1%と大幅に減少しましたが、逆に、小売業は+11.5%も増加しています(図1)。

 この傾向は、小売業、飲食店、介護施設など、第三次産業全体にいえることです。厚生労働省は、第12次労働災害防止計画の中で、「これらの業種は、主に機械や製造設備の改善、特定の作業や場所に着目した対策によってリスクを低減させ、災害の防止に効果を上げてきた製造業や建設業とは異なり、…

筆者:労働安全衛生総合研究所 建設安全研究グループ 部長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年7月1日第2309号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ