【事故防止 人の問題を考える】第7回 本能のおもむくままの行動は、抑えることが難しい(その1)

2017.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

新年を迎え、新たな気持ちで

「3mの離れ」が場面行動対策

 新年を迎え、この1年の無事故、無災害を祈念する方は多いことでしょう。

 家族や仲間の笑顔があふれる時は、この上ない幸せが訪れます。無事故、無災害は、もちろん笑顔につながります。では、どのような現場が、無事故、無災害につながりやすいと思いますか。以前、このことを現場の安全担当者十数名に尋ねたことがあります。ほとんどの方は、その一つに、職場のよい雰囲気づくり、現場の仲間の良好な人間関係をあげました。

 作業する人たちは、仲間意識を持ち、生き生きと働くことができる現場であれば、そこで決められたルールを進んで守っていくようになると語っていました。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年1月1日第2273号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ