【2013年 経営者への年頭所感】厚年基金10年かけ廃止/厚生労働省 年金局長 香取 照幸

2013.01.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

厚生労働省 年金局長
香取 照幸 氏

 昨年は、社会保障と税の一体改革の関連法案として、年金機能強化法、被用者年金一元化法、国年法等改正法、年金生活者給付金法の4本の法律が成立しました。

 今後は、成立した法律の円滑な施行に取り組むとともに、社会保障・税一体改革大綱や年金機能強化法附則で検討することとされた事項などについて検討し、制度のさらなる改善に全力で取り組みます。

 企業年金制度については、昨年のいわゆるAIJ問題を契機に厚生年金基金をめぐる課題が顕在化しました。

 厚生年金基金は、かつては企業年金の中核でしたが、…

筆者:厚生労働省 年金局長 香取 照幸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月7日第2903号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ