【2013年 経営者への年頭所感】労働条件審査の活用を/全国社会保険労務士会 連合会 会長 金田 修

2013.01.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 本年は昭和43年に社労士制度が制定・施行されてから、45周年を迎える記念すべき年です。

 現在、製造業を中心に巨額の赤字を計上する企業が相次ぎ、経済活動の自立的回復への展望が描きにくく、また雇用環境についても引き続き厳しい状況にあります。このような状況の中、我われ社労士は、労働、雇用、年金、医療、介護等の社会保障制度において国民のセーフティーネットを支える重要な社会的使命を背負っております。

 近年、我われは事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上を図るため、「労働条件審査」の普及に取り組んでおります。…

筆者:全国社会保険労務士会 連合会 会長 金田 修

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月7日第2903号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ