【2012年 経営者への年頭所感】中小企業支援に力点/全国社会保険労務士会連合会 会長 金田 修

2012.01.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全国社会保険労務士会連合会 会長 金田 修 氏

 昨年3月11日に発生した東日本大震災は、未曽有の大災害をもたらし、福島原発事故の被害とともに、日本経済全体に深い爪痕を残しました。

 今般の大災害に対し、労働・雇用、年金・医療・介護など、今日、明日の生活に関わる問題や中小企業支援に積極的に取組むことは、労働・社会保険の専門家である社労士としての社会的使命であるとの考えから、「東日本大震災義援金」の募集、無料相談窓口「社労士会復興支援ほっとライン」の設置など、各種事業を進め、本年も引き続き復興に向け全力をあげていく所存です。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年1月2日第2855号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ