【2015年 経営者への年頭所感】経営労務診断を開始/全国社会保険労務士会連合会 会長 大西 健造

2015.01.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全国社会保険労務士会連合会 会長
大西 健造 氏

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 昨秋の第187回臨時国会において、社労士法改正が実現しました。この改正により、①個別労働関係紛争に関する民間紛争解決手続における紛争の目的の価額の上限の引上げ、②補佐人制度の創設、③社員が1人の社労士法人の設立等、大幅な制度改善が図られることとなりました。本改正にご協力いただきました皆様方に厚く御礼申し上げますとともに、個別労働関係紛争の未然防止、円満解決の支援にさらに取り組んでまいります。

 さて、当連合会は、「社労士制度推進戦略室」を中心に様ざまな活動に取り組んでおります。…

筆者:全国社会保険労務士会連合会 会長 大西 健造

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月5日第2999号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ