【厚労省・24年重点施策 全員参加型の社会へ】パート厚年適用拡大めざす/年金局長 榮畑 潤

2012.01.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

年金局長 榮畑 潤 氏

 政府・与党では、社会保障と税の一体改革について、社会保障の機能を強化し、現役世代も含めた全ての人がより受益を実感できる社会保障制度に再構築するため、最重要課題として取り組むこととしております。

 一体改革では、所得比例年金と最低保障年金の組み合わせからなる新しい年金制度の創設について、国民的な合意に向けた議論や環境整備、実現に取り組むこととしております。平成25年中の法案成立に向けて取り組んでいきたいと考えています。…

筆者:年金局長 榮畑 潤

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年1月2日第2855号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ