【厚労省・24年重点施策 全員参加型の社会へ】復興工事の安全を最優先に/労働基準局長 金子 順一

2012.01.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働基準局長 金子 順一 氏

 本年も働く方々の健康や生活を守るため、労働基準行政としては、次のような施策を中心に取り組んでいきます。

 第1は、東日本大震災への対応についてです。震災復旧・復興工事での安全対策は、雇用対策と表裏一体をなす最優先課題であり、都道府県労働局等による指導、専門家による支援、近接して行われる工事関係者相互の連絡協議の枠組み作りなどにより、今後本格化する復旧・復興工事に伴う災害防止対策に万全を期します。

 東京電力福島第一原発事故については、事故収束作業に従事する方々の被ばく線量管理や健康管理に引き続き万全を期すとともに、作業員の被ばく線量等をデータベース化し、長期的な健康管理を実施していきます。…

筆者:労働基準局長 金子 順一

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年1月2日第2855号14面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ