【本当に役立つ!こころの耳】第75回 事例紹介71 海外勤務で不調となり大量飲酒

2018.05.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

見当外れの見立てで失望

 今回、紹介する事例は、「海外勤務で上司との反目と身体不調がうつ反応と過飲・無断欠勤、退職に至った事例(事例1-33)」です。

 家電メーカーで営業職に就く34歳男性Aさんの事例です。Aさんは、3年間の予定で中央アメリカの関連会社に、営業担当の海外駐在員として赴任しました。Aさんはやりがいを感じていましたが、半年後に上司が交替しました。新任の上司は厳しく、細かいことまで干渉し、いろいろと指図してきます。鬱々としていたところへ、業務内容を渉外から営業用の資料作成事務に替えられました。…

筆者:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年6月1日第2307号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ