【イラストで学ぶリスクアセスメント】第75回 携帯用グラインダの災害

2014.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 研削盤とは、研削といしを使用し、その回転運動によって加工物の表面の研削または切断を行う機械です。研削盤には大別して自由研削用と機械研削用があります。今回は、自由研削用の携帯用(手持式)電気ディスクグラインダをテーマにします。

片手で作業中、跳ねて大腿部へ

「災害1」の発生状況:作業者Aは降雨のあと、足元が滑りやすい場所で複数の異型鉄筋に近接し、不安定な姿勢で鉄筋を切断していました。片手で持っていたグラインダが跳ねて、作業者Aの大腿部に当たり多量に出血しました。

「災害2」の発生状況:作業者Bは薄暗い場所で、顔を金属に近づけてサビ落とし中に、サビと研削粉が眼に当たり、眼を擦ったので視力傷害となりました。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月1日第2209号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ