【第10次職業能力開発基本計画案たたき台】自主的キャリア形成を

2016.01.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働政策審議会職業能力開発分科会は、第10次職業能力開発基本計画案のたたき台をまとめた。ITへの投資拡大や、労働者が身に付けるべき能力を自ら確認する契機となるキャリアコンサルティング制度の整備などを掲げている。

生産性向上に資するIT人材育成の加速化等

 企業の付加価値向上に有効とされるIT資本投資が過小と指摘されるなか、投資の拡大やITの潜在力を発揮させられる人的資本投資への取組みが求められる。人材育成の手法についても、ITを活用し効果や効率性を高めていく必要がある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年1月4日第3047号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ