【平成30年 安全衛生行政の展望】作業環境測定の最適化を/木口 昌子

2018.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 本年は、作業環境測定結果に基づく評価および評価結果に基づく措置が労働安全衛生法第65条の2に位置づけられてから30周年の節目の年にあたります。管理区分に応じた改善対策の推進により、有害物質を取り扱う作業場の環境改善は大きく前進しました。

 その一方で、生産工程の多様化が進み、有害物質へのばく露の状況は大きく変化しています。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 環境改善室長 木口 昌子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年1月15日第2298号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ