【平成30年 安全衛生行政の展望】幅広い業務へツール開発/奥村 伸人

2018.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 環境配慮と健康意識の国際的な高まりのなかで、わが国でも揮発性有機化合物(VOC)の排出削減・代替化が進められています。労働者の健康確保の観点からも、これは基本的には望ましい方向性でありますが、代替使用される物質について健康影響などの安全性に係るデータが十分得られていない場合に、単に国内法令の適用を受けずラベルやSDSの義務がないことをもって、「安全なもの」とすることは危険です。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 化学物質対策課長 奥村 伸人

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年1月15日第2298号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ