【平成27年 安全衛生行政の展望】高リスク物質の規制を加速/角田 伸二

2015.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 化学物質評価室では、発がんなどの重篤な健康障害のおそれがある化学物質を職場で使用する場合について、労働者の健康障害のリスクを評価しています。現在までに発がん性などの健康障害のおそれのある化学物質について、国際がん研究機関などの評価区分などをもとに選定した57物質のリスク評価を終了し、このうちの14物質については、リスクが高かったため健康障害防止に関連する規制の強化を行っています。

 例えば平成26年の政省令改正(同年11月1日施行)では、…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 化学物質評価室長 角田 伸二

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年1月15日第2226号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ