【平成27年 安全衛生行政の展望】リスクアセスメントを推進/森戸 和美

2015.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 平成26年6月、労働安全衛生法の一部を改正する法律が成立しました。化学物質対策については、一定の危険性・有害性が確認されている化学物質、労働安全衛生法第57条の2に基づき、安全データシート(SDS)の交付義務対象であるものについて、当該化学物質による危険性又は有害性等の調査(リスクアセスメント)の実施が義務付けられました。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 化学物質対策課長 森戸 和美

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年1月15日第2226号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ