【イラストで学ぶリスクアセスメント】第168回 横断幕の設置に伴う災害

2018.04.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 新年度の上半期は、なにかと「年中行事」が多く、行事の「たれ幕・横断幕等の掲示物」作業は、保全担当者(学校用務員含む)・人材派遣の高齢者(55歳以上)〔*1〕が携わることが多く、「短時間に不慣れな作業」を行うので墜落災害が多い。

 背後要因は、前年度末に「ベテランが定年で卒業」し、新任の保全担当管理者は、前任者の作業を「見物(look)だけで実技(actual technique)」を行っていなかったので、「高所作業の危険性」を知らないことなどが、考えられます。今回は、施設内の大広間など〔*2〕の壁面に「ジャンボサイズの横断幕」を設置するときに伴う災害をテーマにします。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月15日第2304号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ