【社労士が教える労災認定の境界線】第168回 手待ち時間にコンビニへ行く途中に側溝に足を取られ捻挫

2014.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 S社員は、一般貨物自動車運送事業のT社において、中型トラックの運転手として、主にスーパーマーケットなどの販売小売店向け商品配送を専ら担当する社員であった。

 取引先会社設営のスーパーマーケット商品配送センターに中型トラックを乗り付けて、指定貨物の積み込みを行おうとしていたところ、配送貨物の一部が交通事情によりいまだ到着していなかった。

 さらには他の配送貨物の仕分作業が一部完了していなかったため、S社員は他の配送用貨物の積載作業を中断せざるを得ず、担当者に伝達し、センターを離れ、比較的近隣にある行きつけのコンビニエンスストアに入ろうとして徒歩で移動していた。

 その時、…

執筆:一般社団法人SRアップ21 青森会 タカヤ社会保険労務士事務所 所長 高谷 裕二郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月15日第2206号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ