【事故防止 人の問題を考える】第38回 安全帯を考える

2018.04.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

墜落防止の最後の砦に

 今回のテーマは安全帯です。毎年の墜落死亡災害をみると、安全帯を使っていれば助かったものが、本当に数多く見受けられます。

 建築工事(木造工事除く)では、平成26年に145人の方が亡くなりましたが、このうち45%の65人が墜落によるものです。墜落した場所は、足場からが25人、屋根からが19人、屋上からが5人と、大半がいつも同じようなところから墜落しています。いわゆる繰り返し災害です。

 墜落防止対策の基本は手すり、ネットなどの墜落防護措置ですが、何から何まで墜落防護措置を講じることは難しく、最後の砦となるのが安全帯の使用です。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月15日第2304号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ