【想いはせれば】第38回 ある青年のヤケド跡

2016.07.15 【安全スタッフ】

 工場の風呂の洗い場で、ふと、隣で体を洗っている現場の青年の二の腕を見ると、広い範囲のヤケドの跡と思われる傷痕がありました。「どうしたの?」と聞くと「蒸気パイプに触れてヤケドをした跡ですよ」との返事でした。

 現場からは私の部署に彼の災害報告はありませんでした。職場の高圧蒸気パイプの裸のフランジ部分に、半袖から出ていた腕が触れてヤケドをして、すぐ現場の救急箱の「チンク油」を塗って処置をして、救急箱のガーゼを当てて包帯をしたけど、いつまでもジクジクとして治らないで苦労したといいます。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年7月15日第2262号

あわせて読みたい

ページトップ