【人事学望見】第1140回 合同労組ちょっとこわい話 退職社員結成組合の団交認める

2018.03.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働組合も様相が変わった…

 労働組合の結成率の低下を尻目に合同労組の勢いは止まらない。不当労働行為の新規申立て・あっ旋申請件数の3分の2を占め、その内容は、企業別組合運動とは異なり個別労働紛争化した、いわゆる駆込み訴えが典型的なもの。合同労組のちょっとこわい話を以下に。

アスベストで発症の恐れ

 アスベスト被災を訴えて退職後に組合結成したものの、団交拒否にあったため、組合は06年11月に兵庫県労委に対し、会社の不誠実団交を理由に不当労働行為救済申立てをした。07年7月、労委はこの申立てを却下したため、組合は07年12月、却下命令の取消しを求めて神戸地裁に行政訴訟を提起した。これが最高裁まで辿る闘いとなってしまった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年3月26日第3154号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ