【想いはせれば】第79回 花とあいさつと安全衛生

2018.03.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶毎朝私が仕事場に向かう時刻、私の家から100mほどの学校に通う小学生の一団と一緒になります。この通学路には、役所から貸与された大きなプランターが数個あり、季節の花がボランティアの手で育てられています。そしてこの通学路の2カ所に、交通整理のおじさんが立っていて、「おはよう、おはよう」とあいさつしながら子供たちを誘導し、見守っています。また、校門には先生が立っていて「おはよう、おはよう」と声を掛けています。

 子供たちの様子を見ていると、プランターの花に目をやる者はおらず、また、交通整理のおじさんにあいさつを返す子供もほとんどいません。この様子は校門を入るときの出迎えの先生に対しても同様です。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年4月1日 第2303号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ