【想いはせれば】第78回 ニ重、三重の安全対策

2018.03.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶ホテルなどが立ち並ぶ都心の道路のマンホールから、夜中になると卵が腐ったような臭い(硫化水素臭)がするというので、私たちはその夜、下水道局から依頼された業者の指揮・監督下でその調査をすることになりました。

 下水道のマンホールから約5m下に設置してある踊り場から水量や水質、硫化水素濃度などを測定するものでした。硫化水素ガスは近くのホテルが夜陰に紛れて、ときどき、厨房などの排水を腐敗した汚泥と一緒に流していることが疑われていました。マンホールのなかの硫化水素濃度は500ppm前後に上ることがあり、測定者には危険な状態でした。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年3月15日第2302号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ