【産業カウンセリングの現場から】第155回 労働者の健康管理を側面から支援/山際 豊重

2018.03.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

事業場の相談役に

(独)労働者健康安全機構 福井産業保健総合支援センター 労働衛生専門職 山際 豊重 氏

 私は現在、独立行政法人労働者健康安全機構の福井産業保健総合支援センターに労働衛生専門職として勤務しています。業務は一言でいうと、その名称のとおり事業場における産業保健活動を支援することです。ご存じない方のために簡単に紹介させていただきます。まず、相談事業で産業保健相談員(産業医、精神科医、臨床心理士、労働衛生コンサルタントなどの専門家)が事業場の相談などに対応しています。次は研修事業です。産業保健相談員や外部講師による産業医など産業保健スタッフを対象とした研修会を開催しています。そして事業場への支援事業です。これは、産業カウンセラーや社会保険労務士などの皆様にお願いして事業場のメンタルヘルス対策に係る取組みの支援や、最近では治療と職業生活の両立支援対策に係る相談対応や支援、あるいは機構本部が窓口となっている助成金に係る支援にも取り組んでいます。…

執筆:(独)労働者健康安全機構 福井産業保健総合支援センター 労働衛生専門職 山際 豊重

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月15日第2302号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ