【社労士が教える労災認定の境界線】第155回 業務以外の除雪作業を行った製造工が転倒し右ひじを骨折

2013.06.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 Y社は、機械器具製造業を営む会社である。積雪地域に所在するY社は冬期間、会社敷地などの除雪を業者に委託していた。大雪注意報が発令されていたある朝、予報以上の積雪のため、委託業者による除雪が始業時刻に間に合わなかった。そこで数人の社員で、社屋に接する歩道の雪かきをしていたところ、社員Aが誤って転倒し、右ひじを亀裂骨折してしまった。会社は、除雪を業者に委託しており、雪かき作業を社員に直接指示することはなかったが、冬期間に数回、今回のような想定以上の降雪があった場合、慣例として若手社員が雪かきを行っていた。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 山形会 社会保険労務士西村事務所 所長 西村 吉則

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月15日第2188号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。