【イラストで学ぶリスクアセスメント】第143回 事業場正門での第三者災害

2017.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新年度を迎え全国で桜咲く、「春風飴蕩(しゅんぷう―たいとう)」のよい季節となりました。巨大地震と大津波をもたらした「東日本大震災」の直後からスタート[2011.4.1]した連載も、今回で7年目を迎えました。ここまで連載できたのは、読者の皆様の励ましの声に支えられたからです。天災の発生は防げません〔滅災はできる〕が、筆者は「人災(大多数の労働災害は人災)による労働災害は防げる」の思いで、社会的使命と考え200回を目指します。昨年11月末に当連載を精選(74例)した「イラストで学ぶリスクアセスメント〔第1集〕」(労働新聞社刊)を発行しましたので、購読をお勧めします。

 さて、4月6日~15日は、「春の交通安全運動(内閣府)」ですので、今回は、この行事に関連した「事業場正門での第三者との交通事故〔*1〕をテーマにします。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月1日第2279号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ