【イラストで学ぶリスクアセスメント】第125回 スズメバチによる災害

2016.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 毎年、夏期はスズメバチが活発になり〔6月~10月、最も多いのは7月中旬~8月中旬〕で、年間20人程度の方が亡くなっていますので、「スズメバチは注意でなく、危険〔*1〕」です。今回は、スズメバチに対して、「具体的にどのように対処するか!」を新たに学びたいと思います。

《スズメバチ(蜂)の危険性を知ろう!》

 スズメバチは日本最大の蜂で、日本では人間にとって、最も危険な生き物〔熊・蛇・鮫より事故が多い〕です。「スズメバチが黒いものに激しく反応」するのは何故?…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月1日第2261号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ